スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Suffering is optional


年末からほぼ1日おきで続いた酒宴も昨日の高校3年生クラス会でとりあえずの大団円を迎えることとなりました。
特に昨日は30年ぶりに恩師を迎えてのクラス会ということで、
酒宴会場幹事のオデはぬかりないようにと前日の妻の実家での日本酒攻めをしっかり克服し朝を迎えたハズだったのに、
歯磨き中に突然のギックリ腰。
一時は「無念の欠席」も頭をよぎったものの腰ベルトを装着しなんとかクラス会に出席。
クラスの皆にいたわってもらいつつ恩師との再会も果たし、実に楽しく酔うことができました。
会場に使った内野駅前の「雪月花」も皆に好評で女将さんの対応も気持ち良く、ギックリをおしてでも出席して本当に良かった。

酔うほどに腰の痛みはやわらいできたものの、
恩師の前で慣れない正座をしたせいか夜になって左膝がズキズキ痛み出して夜なかなか寝つけませんでした。
新年早々、体調は最悪で元旦初乗りを最後にしばらくサーフィンはおあずけとなりそう。
なんともトホホな新年スタートとなりましたが、箱根駅伝のCMでオンエアされた村上春樹のこの言葉をなぐさめとして、
はからずも手にしてしまった「オプション」を有効に使いたいと心に誓うのであります。

痛みは避けられない
でも、苦しみは自分次第だ
ある時そんな言葉を覚えた
そして長距離レースを走るたびに
頭の中でその文句を繰り返すようになった
きついのは当たり前
でも、それをどんなふうに苦しむかは自分で選び取れる
Suffering is optional
へこたれるもへこたれないもこちら次第
苦しいというのはつまり
僕らがオプションを手にしているということなんだ

サッポロビールCM「走ることについて語ること」より





追記
やっぱり今朝は良い波だったようで、悔しくて悔しくて涙も枯れてしまいました。
そういえばSurfingとSuffering、スペルが似てるなぁ・・・グスン。