スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

初積雪に辟易としたならiPhoneをなくして右往左往な寒い冬の日なのであった。

今朝はうかうかしているうちに雪が積もってしまい、海へ行っても降りしきる雪と海上の靄で波がさっぱり見えずホームを断念、KSBへ向かおうとしたものの雪のために通勤ラッシュがすでに始まり大渋滞。
普通なら5分もかからない家まで30分以上もかかってしまいました。

その後も視界がひらけたころに海をチェックするもどこも今イチでおとなしく仕事に専念・・・

しようと思ったらiPhoneが無い!
008さんとのTEL&メールを最後にどこへやら手元に無くなってしまいました。
すっかり衰えた記憶力を総動員して、かすかな糸口たぐり寄せようとしてもどうしても分からず右往左往。
どうにもならず初めて「iPhoneを探す」というアプリを実際に使ってみました。
Macからだと最新のOSじゃないと使えないそうで(オデのMacは仕事上まだLionじゃないのだよ、Windowsなら使えるくせに!勘弁してよねぇ!)iPadからチェック・・・



あれ?位置はどうやらこの家のあたり?
発信音を鳴らしてみたけどなんにも聴こえない・・・。
もしかしてさっきゴミを捨てた時に一緒に入れちゃったか?!
あわててゴミ捨て場に行ってみるも、もうどれが自分のだか分からず・・・それに発信音も聞こえない・・・
それともさっき自治体の書類を班長さんちの郵便受けに投函したとき一緒に?まさかねぇ・・・
もうどうして良いか分からなくなって、万が一オデのiPhoneを拾ってくれた人に見てもらえるようメッセージを送信!



やっとの思いで送信したメッセージがこれじゃぁ拾った人も「はて、どうしてみたものか?」ですねぇ。

何度も家の電話からiPhoneへかけてみても着信音は聴こえてこないし、
iPadに表示されたiPhoneの位置は微妙に家の中からズレていて最初は道路の真ん中で・・・
iPadを持ってうろうろしていたらiPhoneの位置は家の横の駐車場に移動して・・・
車の中?いつも置く場所には無いし、そしたら発信音が聴こえる「ピピピピピ、ボケ、オデはここだぜ、ピピピピピっ!」
何故か車の座席の下にうずくまったiPhoneがそこで呻いていました。
なんでこんなところに?!

いやぁ「iPhoneを探す」アプリがこんなに役に立つとは思いませんでした。
これからは、どこか遠くで忘れてきたときのためにちゃんとしたメッセージを送れるように練習しておこうっと。


これは後にAppleからメールで「控え」が届いたものです。
これ以外にも何通も「baco の iPhone 4S上で音声が再生されました。」のメールが・・・
でも時間がアメリカ時間なんだね、これぐらい日本時間にして送ってよね。


iPhoneを探す
しかしこれってMacもWindowsも他のiOSデバイスも持ってなかったら意味ないんじゃん!いいのかそれで?Softbankに電話したら教えてくれるとか・・・?