スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

夏の名残り
夏の名残くらげに刺された痕がかゆくて仕方が無い昼下がり。

夏の終わりと同時に、本腰を入れてサーフィンの練習に励むことにしたら、くらげの洗礼にあってしまい、手足ブツブツ・カイカイの日々もすでに3日目を迎え、相変わらずの暑さに辟易しつつ、掃除機を探し求めて電気屋さんを巡ったあげく、目あてのものがどこも品切れで、頭にきたら、一度むけたはずの頭皮が再び脱皮をはじめていることに気がついたのでありました。坊主頭でいきなり陽の下に出ると大変なことになりますよ。

映画にもなったカズオ・イシグロの「日の名残り」の原題は「The Remains of the Day」だったから(見てないし読んでないけど)「夏の名残り」は「remains of the summer」、「頭皮の名残り」は「remains of the scalp」か、どうでもいいけど。