スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

シンプルな時代

自分で何か始めるか、黙って会社からお金をもらって働くか、ふたつにひとつ。シンプルですよ。

moonlinx 都築響一インタビューより


最近、そのぶ厚さと昭和の香りプンプンの相変わらず怪しい光線を発する表紙で、
書店での存在感をこれでもかと際立たせている本
「天国は水割りの味がする 東京スナック魅酒乱(みしゅらん)」を発売した都築響一さんのインタビュー
「最後に、若いデザイナーやクリエイターに一言お願いします」という問いに、
「今のほうが昔よりできることは100倍多いので、悩んでいるならやったほうがいい。」と答えたあとに続いた言葉。
これはデザイナーやクリエーターに限ったことではなくて、今の若い人達みんなに言えることですねえ。
私も若い頃にこんなふうに言ってくれる大人がいてくれたらなぁ。
もういい加減、就職だけが生きる道みたいな教育や社会構造は改めた方がいいんじゃないかと、
自身がサラリーマンを辞めてからずっと思っています。
でもそのためには若い頃になにがしかの技を身につける必要があるわけで、
それをやっていたら安易に無目的に大学などには行けなくなるし、そんな必要もないし(必要な場合もあるけど)
4年間をたくさんの友人たちと無為に楽しく過ごせて幸せ、ああ素晴らしい青春時代だった!
なんて能天気にあの時代を謳歌するなんてこと、もはや今となってはできません。
私の場合は4年どころで済まなかったのでなおさらですが、あんな時間があったらその後独り立ちできるような技を身につけることくらいいくらでもできただろうに、という後悔の念しか残っていません。
今は卒業、入学、入社シーズンで心躍らせている若者や、
就職がいまだ決まらず暗澹たる思いで日々を過ごしている若者も多いことでしょうが、
まだこれからなんだってできるんだし、就職だけが生きる唯一の道だなんて思わないでね。

などとジジむさいことを都築響一さんのインタビューでふと思ったのでありました。
この本、ちょっと立ち読みしたらおもしろいんだけど、ぶ厚いだけあって高いのが難点のど飴。




さらに都築響一さんの強烈なひと言を・・・

就職なんかするな! リクルートスーツなんて買うな!